MENU

望月耳鼻咽喉科

新型コロナウイルス遺伝子検査

新型コロナウイルス遺伝子検査

新型コロナウイルス遺伝子検査

当院では、遺伝子検査を院内で行うための機器(アボット社ID NOWシステム)を導入しました。
等温核酸増幅法(NEAR法)による検査で、約15分で結果が分かるようになります。
現在の標準的検査法であるRT-PCR検査と同等の精度とされており、厚生労働省およびFDAの承認が得られている検査装置です。
発熱など新型コロナウイルス感染の症状が疑われる方の検査については、検査費用に関しては公費負担となり患者様の負担はありません。
(初診料などの費用は通常の保険診療となります)

遺伝子検査の手順

Q&A

Q1
遺伝子検査とは何ですか?
A1
遺伝子検査は、新型コロナウイルスの目印となる遺伝子配列を見つける検査です。
この配列をたくさん増やして見つけやすくすることで、簡易的な抗原検査よりも少ない量のウイルスを検出できるといわれています。
Q2
PCR検査とは違うのですか?
A2
PCR検査は、遺伝子検査に使用されている技術の1つを使用した検査です。
PCR法以外にも、NEAR法、TMA法、TCR法などのさまざまな技術があり、新型コロナウイルス感染症を診断するために用いられます。
Q2
検査はどのように行われますか?
A2
その中にウイルスは存在するかどうかを、専用の機器を使用して調べます。

注意事項

検査の結果が陰性であっても、感染を完全に否定するものではありません。
検査した時点でウイルス量が少なく陰性になることもあるため、医師の指示に従い、体調に異変を感じたときは当院までご連絡ください。

お問い合わせ

※診療時間内にご連絡下さい。

診療予約

当院は完全予約制です。
下記より予約の上ご来院下さい。
※感染症の疑いがある方は、
 発熱外来に連絡お願いします。

発熱外来 新型コロナウイルス遺伝子検査 新型コロナウイルス抗体検査 受診される皆様へ 小さいお子さんの診察時の抱っこの仕方 コロナ時代の花粉症対策 舌下免疫療法 花粉症治療 抗体療法(ゾレア)