MENU

望月耳鼻咽喉科

小さいお子さんの
診察時の抱っこの仕方

小さいお子さんの診察時の抱っこの仕方

診察時の座り方

乳幼児や一人で座ることのできない患児は、保護者または介助者が抱きかかえて診察椅子に座るとよいでしょう。また患児には、保護者とともに診察の進行状況を伝えたりしながら処置を実施し、終わったらしっかりと褒めてあげることが大切です。
①保護者または介助者が患児を抱っこし、診察椅子に深く腰かける
 ※肩や背中をしっかりと背もたれにつける
②患児の頭部、上半身をしっかりと引き寄せ、手が出ないように肩からしっかりと抱く
③足をクロスして、患児の足を挟み込んで固定する
耳鼻咽喉科では、耳鏡や鼻鏡など患児にとって見慣れない器具を用います。患児の恐怖心や不安を取り除き、患児の心の準備が整うまで焦らずに待ち、診察を行うようにしましょう。

・手が出ないように肩からしっかりと抱く。
・深く腰かける。
・患児の靴は脱がせておく。
・患児の足を足で挟み込む。

お問い合わせ

※診療時間内にご連絡下さい。

診療予約

当院は完全予約制です。
下記より予約の上ご来院下さい。
※感染症の疑いがある方は、
 発熱外来に連絡お願いします。

発熱外来 新型コロナウイルス遺伝子検査 新型コロナウイルス抗体検査 受診される皆様へ 小さいお子さんの診察時の抱っこの仕方 コロナ時代の花粉症対策 舌下免疫療法 花粉症治療 抗体療法(ゾレア)